鹿児島県いちき串木野市 ふるさと納税特設サイト

いちき串木野市 ふるさと納税特設サイト

クラウドファンディングのご紹介

いちき串木野市ふるさと納税教育応援分(神村学園)

学校法人神村学園支援

学校法人神村学園支援

 神村学園は、昭和31年に創立され、前身の「串木野女子高等学校」を平成2年に「神村学園高等部」と校名変更、中等部を併設し男女共学となり「人柄教育」、「個性教育」を教育理念とし、これまでに1万余名の有能な卒業生を送り出してきました。
 現在は、幼稚園、初等部、中等部、高等部、高等部通信制課程、専修学校を設置し、幼・小・中・高の一貫教育を実践している総合教育学園です。
「実学による人間性豊かな人柄教育を行う」を建学の精神とし、実践活動を通して、学園の校訓である「健康」「誠実」「責任」「勤労」「礼儀」を重んじ、日々目標に向かって励んでおります。
 今後さらに魅力ある学園として、より高い教育を目指し、さらに充実した教育環境を整えるため、施設の建築や補修、さらには教育設備の充実を図っていきたいと考えています。
幼稚園から専修学校までの生徒ひとり一人の個性を重視し、学園の教育理念である「人柄教育」「個性教育」を根底とした、国際社会に貢献できる人づくり教育を実践するため、皆様からの温かいご支援とご協力を賜りたく寄附のお願いを申し上げます。

学校法人神村学園支援

寄附金の使い道

皆様から頂いた寄附金は、以下の事業に活用させていただきます。

・教育制度及び教育環境充実のための施設設備整備
・スポーツ・文化・地域活動等、学生・生徒の教育活動支援
・その他、教育活動の推進に必要な事業

幼稚園のご紹介

 幼稚園は,認定こども園として,0歳~5歳児までの幼児教育及び保育を行っています。園訓に「元気な子」「考える子」「やさしい子」「素直な子」「落ち着きのある子」を掲げ,人間形成の基礎をつくる幼児期に,子ども一人ひとりの個性を大切にし,人間性豊かな人柄教育を行います。総合教育学園の利点を最大限に活かし,音楽・体操・英語等の専門教諭による指導や,サッカー・チアリーディングなど様々な活動を通して,子ども自身の持っている感性を伸ばせるよう保育を実践しています。

初等部のご紹介

初等部は,教育環境が整備された中で,魅力ある教育内容の充実とグローバルな社会に必要とされる人材育成に力を入れています。そのため,英語教育には外国人講師による「聞く」「話す」ことを中心とした学習内容と初等部の英語専攻及び中等部英語科の教員による「読む」「書く」ことを重視した学習内容を組み合わせて実践しています。また,茶道教室,図工教室,書道教室等を開設するなど特色ある教育活動に力を傾注しています。

中等部のご紹介

 中等部は,文理コースと特別能力コースの2つがあり,文理コースは,六年間で大学進学を目指すコースです。中高一貫の強みを活かした教育で「わかる」「できる」「納得する」まで徹底した指導と,ICT教育を取り入れた個別学習を強化しています。特別能力コースは,自分の得意なこと・好きなことでナンバーワンを目指すコースです。種目に集中できる環境づくりができており,道を究めることに努力を惜しまない子ども達をバックアップいたします。

高等部のご紹介

 高等部は,文理科(特別進学コース,文理コース)・普通科(英語国際コース,特別能力コース)・調理科(調理コース,パティシエコース)・看護学科・保育科があります。文理科の特別進学コースでは,難関国公立・医歯薬系大学・海外大学への進学を目指しています。普通科の英語国際コースは,充実した留学プログラムや英語授業等を通して,英語のプロを目指し,国内外の大学進学を目指しています。特別能力コースでは,自分の特技を生かし全国制覇を目指しています。調理科では,調理師免許(国家資格)の取得と,プロの技を学び製菓衛生師の資格取得を目指します。看護学科は,基礎課程3年,専門課程2年の計5年間で看護の専門知識を学び,看護師国家試験で全員合格を目指しています。保育科は鹿児島県で唯一保育技術の学べる学科です。将来,即戦力となる保育士・幼稚園教諭・保育教諭を目指しています。

専修学校

本校の専修学校は,理学療法学科,作業療法学科,看護学科,こども学科,日本語学科の5つの学科があります。
【理学療法科】
理学療法学科は,病気の治療やケガの予防,体力回復のための理学療法を行います。子どもから高齢者までサポートできるリハビリテーションの専門家を育成し,信頼される理学療法士を目指します。
【作業療法科】
作業療法学科は,障がいによって出来なくなった生活行為をもう一度自分で出来るように訓練・援助を行い,その人が望む生活を新たに獲得することを患者様と共に目指します。作業療法には,「身体に障がいのある人」「心に障がいのある人」「子ども」「高齢者」の作業療法が分野別にあり,専任教員・非常勤講師が全力でサポートします。
【看護学科】
看護学科は,建学の精神にもある人柄教育に基づき,「やさしい心」「自立する心」「科学する心」「探求する心」の4つの心を育み,調和の取れた専門職業人として成長することを目標とし,将来の看護を展望し,社会に貢献し得る活力ある看護師の育成を目指しています。
【こども学科】
こども学科は,保育士・幼稚園教諭の資格取得ができます。保育教育を通じて社会性,コミュニケーション力,創造力を備えた人間性豊かな保育士を育成しています。
【日本語学科】
日本語学科は,アジア地域を中心に世界の国々から,たくさんの留学生が日本の専門学校や大学等へ進学するために日本語と日本文化を学んでいます。日本語の授業以外に,日本文化の体験や歴史に触れる校外学習を通して,より豊かな日本語習得を目指します。

全国トップレベルの部活動

高等部では部活動も盛んです。男子硬式野球部、男子サッカー部を始め、女子ソフトボール部、女子駅伝部、女子サッカー部、女子硬式野球部、吹奏楽部など部活動においても「人柄教育」「個性教育」を実践し、「やればできる」「かならずできる」「ぜったいできる」の精神で全国制覇を目標に日々練習に励んでいます。

国際交流活動

 神村学園では、高等部普通科英語国際コースを中心に国際交流に積極的に取り組んでいます。
 英語国際コースでは、毎年、1年生がカナダにある姉妹校へ短期留学を行っており、滞在期間中はホームステイをしながら、英語の勉強はもちろん、海外の文化にふれたり姉妹校の生徒たちと交流を図っています。
 また、国際水準の試験に合格した2年生は、長期留学を行っており、高い英語力を持って約1年間の留学を経験し、多くの体験を通して英語力と国際感覚が身につき国内・海外の大学へ進学しています。
 加えて、姉妹校からの留学生も受け入れており、日本の授業や文化を体験をするなど相互の国際交流が続いています。
 その他、中国・台湾・オーストラリアなどからも留学生を受け入れ、サッカー部・駅伝部・吹奏楽部などの部活動に留学生も参加しています。

 中等部においては、「使える英語力」を確立するために実践的な英語を学んでいます。その延長として、3年生になるとアメリカのカリフォルニア州にある姉妹校へ約2週間の海外研修を実施しているほか、毎年、4月には姉妹校の生徒を迎えるなどお互いの相互交流が約25年間続いています。
 また,専修学校の日本語学科の学生との交流など日常的に国際教育の充実を図り生徒の意識を高めています。

寄附で応援する